格安スマートウォッチを選ぶときのポイントと注意点

最近はとても安くamazonやQoo10などでも販売されているスマートウォッチ。リーズナブルな価格でいろんな会社が販売しています。

中には1000円を切るものまで…

安い製品ということは、すごくコストが削られています。その分、どこかに不良や不具合がある可能性がとても高いです。

でも、お手頃価格でスマートウォッチが手に入るなら使ってみたい。

そこで、購入するときにいろいろ調べました。

その時に気づいたことや注意点、選ぶときのポイントを紹介します。

格安スマートウォッチを選ぶときのpointと注意点

安いスマートウォッチを買う前に知っておくべきの注意点をまとめてみました。

情報が少ない

有名メーカーではない商品の場合。どうしてもユーザー数が少ない。そのため、周りに使っている人もいない。
取扱説明書も最低限の情報しか載っていないため

設定や操作方法でつまずいた場合、情報をかき集めて、手探りで解決するしかない。

商品イメージが違うことがある

店頭販売されていないものがほとんどなので、レビューやホームページ・ショッピングページの画像で判断するしかない。
安いスマートウォッチの広告はほとんどが合成なので、レビュー画像や動画で確認しましょう。

あまりにも不自然な合成画像を使っているものは避けて方がいいでしょう。

アプリの仕様がすべて

開発した会社独自のOSとアプリを使うため、アプリのクオリティーで使いやすさや機能がすべて決まります。

アプリの完成度が機能や性能に反映されます。

選ぶ時のポイント

ポイント①

製品のWEBページがある

amazonで販売されている安いスマートウォッチはホームページがない場合がほとんどです。
製品のホームページを見ることで商品スペックや企業の規模も見えて、サポートがしっかりしているかなど知ることもできます。

ポイント②

youtubeや口コミ・レビューなど、できるだけ情報がある商品を選ぶ

ショッピングページやホームページには最低限の写真やスペックしか載っていないので、youtubeやブログなどのレビュー記事が参考になる。できるだけ情報を多く集めてから購入しよう。

ポイント③

使用する用途、機能に絞る

スマートウォッチの機能には通知機能・電子決済・健康管理・音楽再生・写真撮影・音声操作GPS機能などがあるが、

例えば、通知機能とバッテリーの持ちがよければ良い。という条件だと

 液晶の大きい製品よりも、液晶が小さいバンド型が候補として有力になってきます。

安いということは、コストがかけられていない商品なので、多機能な製品よりも機能面でシンプルな製品を選択するほうがリスクは少なくて済むでしょう。

おすすめスマートウォッチ

Xiaomi Mi Band 5 (Xiaomi)


Xiaomi Mi Band 5 スマートブレスレット グローバル版 スマートバンド 日本語アプリ 生理周期予測 健康管理 スマートウォッチ 11スポーツモード追加 24時間心拍測定 bluetooth5.0 睡眠管理 消費カロリー計 画面明るさ調整 着信通知 Alipay QRコード 50M防水 ブラック

Haylou Solar LS05(Xiaomi)

長時間駆動・防水、堅牢性・スマホ連動・心拍モニタリングなど基本以上の性能。

Xiaomi
2010年4月に設立され、スマートフォンとスマートハードウェアを中核とするインターネット企業。
製品は世界80以上の国と地域で販売されている。Xiaomi Mi Band 5 (公式)

DT88PRO

DT NO.1
スマートウェアラブルブランド。スマートウォッチやアクティビティトラッカーなどOEM製品も提供。

こちらの過去記事も参考にどうぞ↓

コメント