無料フリーWi-Fiに接続するときの注意点とおすすめの方法

この記事は約4分で読めます。

駅前や街、出張先のカフェなど、インターネットに接続することがあると思います。


そんな時「Wi-Fiに接続できれば快適なのに。」と思ったことはありませんか?


最近はカフェやショッピングモールで 無料Wi-Fiスポットを提供してくれるところも増えてきました。

しかし、

アクセスポイントを検索してみるものの、どのWi-Fiネットワークに繋げばいいのか、

本当に安全なネットワークなのか心配になりますよね。

無料 Wi-Fi ってセキュリティーは大丈夫?

無料Wi-fiはセキュリティが低く情報が漏れやすいので個人情報は書き込まない方がいいでしょう。

接続する際に個人情報を求められる場合がありますが、知られては困る

パスワードやカード情報、
アドレス、
電話番号など

絶対入力しないようにしましょう

怖いのは、不正アクセスやウイルス感染のおそれがあるということ。

スマホが乗っ取られて犯罪に利用されることだけは避けなければなりません。

ほかにもSNSアカウントの乗っ取りや、撮影した写真や動画など、個人情報が拡散されてしまう恐れもあります。

フリーWi-Fiを利用する際の注意点をまとめたので参考にしてください。  

個人情報の入力を求められた場合はひとまずダミーを。

個人情報の入力は慎重に。
入力項目によってはダミー情報でもOKだったりするので試してみてよう。

知らない無料 Wi-Fi には接続しない

本物のWi-Fiのアクセスポイントと全く見分けがつかない「なりすましアクセスポイント」には気をつけて!

アクセスポイント名(SSID)だけで本物か偽物かを識別することは非常に難しいでしょう。

このようなアクセスポイントに接続してしまうと、端末に直接侵入されて情報が抜き取られたり、偽のウェブサイトに誘導されてしまう可能性があります。

「同じ名前のアクセスポイントが2つある」場合は特に注意!

同じ名前のWi-Fiアクセスポイントが2つあるという場合「悪魔の双子攻撃」の可能性も!

「悪魔の双子」とは正規のアクセスポイントとそっくりに作り、アクセスさせる。表示画面もそっくりなので、ID、パスワードなどの情報を抜き取ろうとする。

怖いのは、不正アクセスされていることに、本人はなかなか気づかないということです。

「悪魔の双子」対策

悪魔の双子を見分けるのはほぼ不可能なので、アクセスしないのが一番の対策。

Wi-FiはOFFにしておく

以前に接続したことがある正規のアクセスポイントの情報が端末に保存されている場合、

偽のアクセスポイントに自動的に接続してしまうことがあるので

必要なとき意外はWi-Fiの受信はOFFにしておきましょう。

暗号化されていない 無料 Wi-Fi は利用しない

暗号化されているページはアドレスの先頭に鍵マークがついています。
暗号化されていないと通信内容が丸見えになる危険性があります。 確認したうえで利用するようにしましょう。

セキュリティソフト(VPNアプリ)を入れる

シマンテック社ノートンWi-Fiプライバシー
Wi-Fi専用のセキュリティーソフト。
VPNによって通信をまるごと暗号化することで、デバイスとアクセスポイント間の通信内容を保護するアプリ。

Wi-Fi セキュリティ Hotspot Shield
ソースネクスト社から販売されているVPNアプリです。その機能や使い勝手にも定評があります。

アバストセキュアラインVPN
ボタンをワンクリックするだけで、
Wi-Fiに繋がるPCやスマホからのデータ通信を銀行間通信レベルの強固な暗号化によって保護。

さらに、海外から日本のコンテンツにアクセスする VPNを使うことで、海外からアクセスできない日本国内のサイトへも、 アクセスが可能となります海外長期在住者の皆さんに、不可欠なサービスとなります。アバスト セキュアラインVPN

できるだけこのような対策をとり、 より便利で快適なインターネットライフを送りましょう。

コメント