なんか変? ありえない⁉︎「エッシャー 不思議のヒミツ」展

※本ページはプロモーションが含まれています

みなさん、絵を見てドキドキワクワクしたことありますか?
今回紹介する「エッシャー展」はそんな経験ができる、とってもユニークな展覧会です。

「エッシャー 不思議のヒミツ」展
佐川美術館(滋賀県守山市)で2024年2月25日まで
エッシャーの初期から代表作に至るまで、150点を超える作品を展示

だまし絵やトリックアートといえば、「エッシャー」ですよね。
作者のマウリッツ・エッシャーは、パソコンもコンピューターもない時代にとても緻密で計算された絵を描いた有名な画家です。

一見普通の絵に見えても、よく見るとどこかおかしな場所がありませんか?。

滝 1961年 マウリッツ・エッシャー

他にも、正方形の形が不思議に変化していったり、同じ燭台が無限に続いていたりと、「こんなのあり得ない!」と目を疑ってしまうような作品がたくさん展示されているんです。

さらに会場では、実際に立体の模型を見たり触れたりできるコーナーもあって、目の錯覚を楽しめます。
一体どうなっているんだろう?と不思議に思いながら鑑賞するのが「エッシャー展」の醍醐味なんですね。

頭を振り絞ってもなかなか解けない様々なパズルに出くわすと、ちょっと頭が混乱しちゃいますが、それがまたすごくおもしろい体験になるはずです。

エッシャーと不可能図形

不可能な図形

エッシャーの代表作である不可能図形の作品が勢ぞろい。
有名な「上昇と下降」に加え、「リボンの櫛」「滝」「館の中の日」など、現実では有り得ない構造が巧みに描かれた名品揃いです。
構造の中に隠された矛盾に気付くと、
『あっ!そっかー!!』と驚きと共にその計算力と発想力の深さに見入ってしまいます。


実際に展示されている「上昇と下降」という作品を見てみると、↓

小人たちが同じ階段を永遠と上り下りしているように見えます。
え?それってありえない!?
現実ではどこかで階段が途切れていないとおかしいですよね。

上昇と下降

「上昇と下降」1960年 マウリッツ・エッシャー

でも、そこがエッシャーの不思議な魔力なんです。

さらに、この絵の中で2人だけ集団から離れたところにいるんです。
一人は遠くから眺めていて、もうひとりは全く興味がない感じがめっちゃ人間っぽい…

似た作品で有名なのがペンローズさん親子の「ペンローズの階段」です。

ペンローズの階段(ペンローズのかいだん、Penrose stairs)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エッシャーとも交流があったみたいです。

このペンローズさんは画家ではなくて数学者。

ペンローズの三角形出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これらは不可能図形といって、実際には(少なくとも視覚が解釈した通りには)実在不可能なんだって。興味ある方はWikiで。不可能図形(Wikipedia)

不可能図形に興味がある方はこちらから購入できます


不可能図形コレクション90選

平面では描けるのに3次元では作れない不可能な図形を3次元の偽立体モデルとともに、古典作品から未公開の新作まで多数集めた錯視図形コレクション。気軽に取って目を通すのに良い本だと思います。

同時に3つの世界が共存

相対性」では一つの絵の中に同時に3つの世界が共存しています。
この版画を垂直に壁に掛けたとき、絵のいくつかの部分は正しい遠近法に合致し、もし画面の左側を上にすれば別の部分が、
右側を上にすれば別の部分が遠近法的にい正しく見えるようになる。
同じ階段の上でもひとりは階段を登っていてもうひとりは下っているがどちらも同じ方向に進んでいる。

〈相対性 1953年 マウリッツ・エッシャーを右に90度回転させた状態↑

〈相対性 1953年 マウリッツ・エッシャーを左に90度回転させた状態↑

エッシャーの奇抜な想像力と緻密な構築美が存分に楽しめ、目から錯覚、新たな気づきを得られる充実の内容でした。
不可能を可能にした幻想的な絵画世界にどっぷりと浸ることができました。
視覚だけでなく、体感を通してエッシャーの世界観を体験したい方はぜひ観に行ってみてください。

おすすめ書籍

「エッシャー展」に行けなかった、
もっと「だまし絵」「トリックアート」も見てみたいという方に
おすすめ書籍を紹介!

だまし絵として広く知られているエッシャー。
平面なのに立体的に見える作品が、
ポップアップになったらどう見えるでしょうか?
飛び出す絵本です。
不思議な世界が再現されています。
ページ数:16ページ
大きさ:31 x 3.6 x 34 cm


エッシャー: ポップアップで味わう不思議な世界 (しかけえほん)(amazon)

M.C.エッシャーの貴重な作品から、
目の錯覚を利用した古典的作品から「不可能を現実に変える」複雑なグラフィック作品まで、
絵画、写真、コンピューターグラフィックなど、錯視芸術のすべて網羅した永久保存版。
ページ数:224ページ
大きさ:19 x 1.8 x 22 cm


錯視芸術図鑑:世界の傑作200点(amazon)

ダリ、エッシャーといった巨匠から
古今東西の代表的なだまし絵作家20人の傑作を集めた
不思議アートのベスト・コレクション。
日本で初めて紹介される作品を多数収録。
ページ数:319ページ


錯視芸術の巨匠たち:世界のだまし絵作家20人の傑作集(amazon)

プレゼントやギフトなどにもおすすめです!

美術館はここ

「エッシャー~不思議のヒミツ~」展で行った佐川美術館
とてもきれいな美術館です。ぜひ行ってみてください

コメント